ポジティブ日記進化版

7日目 ポジティブ3行日記 進化版

どうも、メケです。

7日目の3行日記です。

今日の親切や嬉しかったこと、良かったこと3つ。

1.朝さんぽよかった

2.ぼーっとできた

3.家康が豊臣家を滅ぼした本当の理由がおもしろかった

 

1.朝さんぽよかった

久々のコースを散歩した。

気持ちよかった。

もう4年も続いている。

いいんだろうね。

心と体に優しい散歩だった。

それだけだ。

 

2.ぼーっとできた

僕は最近までぼ~っとするのは良くないことだと思っていました。

あー、今日もまた一日無駄に過ごしてしまったー、なんて思っていました。

 

でも、実はぼーっとすることは悪いことでもなさそうなんです。

 

ぼーっとしている状態のことを最近の脳科学ではデフォルト・モード・ネットワークと言うらしいんです。

脳内でこれからの自分の状態をより良いものにしていくための準備を整えているんです。

ぼーっとしているようで実は脳内ではアドレナリンが出て活発に記憶の整理をしているらしいのです。

 

だから、ぼーっとしている時間がもったいないからと言って、暇な時間にテレビやスマホ、ゲームなんかしていると、デフォルト・モード・ネットワークを妨害して脳を疲れさせ退化させてしまうんです。

 

なので、私はボーッとした時間は「いい時間を過ごした」と思うようにしています。

 

このことは樺沢紫苑さんのアウトプット大全にも書かれていたんですけどね、やっぱりぼーっとすることも大事らしいですよ。

 

ってことで、今日もぼーっとできていい一日でしたっていう話でした。

 

3.家康が豊臣家を滅ぼした本当の理由がおもしろかった

 

おむすび大学の小名木さんの動画を見た。

この動画を見て、家康がなぜ豊臣家を全滅させなければならなかったのか、その理由がわかった。

その理由は、家康が手に入れた金山の莫大な価値(権利)を、豊臣に奪われたくなかったから。

 

当時、徳川家(当時松平家)は秀吉に命ぜられて、関東(当時湿地帯で不毛の土地)に江戸城を建てることになった。

このことは皆さんよく知っていますよね。

 

当時関東一縁は湿地帯。不毛の土地ですよ。

開拓するの、めっちゃお金いると思いません?

 

やっぱり、大阪の豊臣家からお金が出ていたのかな、なんて思っていた。

だとしたら豊臣家に恩があるハズ。

なのに豊臣家と徳川家が関ヶ原の戦い?

そして豊臣家全滅って・・。

なんかおかしいと思いませんか。

 

全滅って・・・、そこまでする?

なんでそこまでしないといけなかったの?

なんかおかしいと思いません?

 

にしても江戸城や開拓のお金って、湧いて出たんですかね。

関東一縁をあれだけ開拓して人の住める土地にしたんですよ。

しかも立派なお城まで作って。

おかしいと思いませんか。

 

 

その疑問にね、今日の動画で小名木先生は答えてくださってます。 

もう答え冒頭に言っちゃいましたけどね。

 

答えは、佐渡の金山にめっちゃ大きな金鉱を徳川家が掘り当てていたから。

しかも、このことは豊臣家に内緒にしていたらしいですよ。

 

金山のことは豊臣には極秘扱いだったらしいです。

当時の日本中の貨幣、金銀を合わせてもそれを上回るぐらいの金鉱を、徳川家は掘り当ててたらしいです。

正確に言うと、徳川家は武田家から金山の権利を手に入れたか、掘り当てたかどちらが先かはよくわからないらしいですけど・・・。

金北山っていうらしいんですけど。

とにかく徳川家は佐渡ヶ島にその山を持っていたらしいです。

 

そのお金で江戸城を建てて、沢山の人がすめるように関東平野の土木基礎工事を完工したらしいですよ。

 

途中で豊臣家がそのお金の出どころに疑問を持って、それを知られたくない(渡したくない)徳川家とが関ケ原の戦いになったのかな。

そして、豊臣家全滅?

 

わからんでもない気がしてきました。

 

その金山を手に入れた徳川の資産は今の貨幣価値で800兆円らしいです。

ビル・ゲイツの個人資産は8兆円です。

その金山の価値の凄さがわかりますよね。

 

もう一つ国作れますやん。

江戸時代。

その800兆円で260年間天下泰平の世の中が続くように政治していったんでしょうね。

 

家康が800兆円を自分だけの懐に入れず、天下の世のため人のためにお金を使ったこと、あっぱれだと思いませんか。

 

日本、格好いいなって思った話でした。

 

まとめ

今日も最後まで読んでくださいましてありがとうございます。

 

また明日もよろしくおねがいします。

-ポジティブ日記進化版
-, , ,

Copyright© Mekelog , 2022 All Rights Reserved.